ご自宅を共有する事について

ご自宅をご夫婦で、親子で共有されている方も多いいかと思われます。

ご自宅を購入する当初、収入合算するためにとか、頭金を入れてもらうためですとか、色々なケースで2人以上で

不動産を所有されるケースがあります。

今回はこれに対する注意点を挙げてみたいと思います。

 

例としまして。親子でローンを組まれ仮に半分ずつ持分をもたれたとしたケースにて説明致します。

この場合に原則として月々の支払いも親半分、子半分の支払いとなります。親が例えば全額支払っていたりしますと、タダでお金を上げたとして贈与税という税金を支払う事になります。ただし、控除額が110万円ほどありますので年間でこの金額を超えた部分に関し贈与税が掛かります。

また、お父様が高齢だから息子さんに全部名義変更しようとしますと、お父様の半分を息子さんへタダで上げたと

見なされここでも贈与税が掛かってきます。ただし、この場合には住宅ローンの名義も移しませんと、金消契約書上一括返済を求められる事があります。

 

この場合の贈与税の計算は税理士等に相談をしませんと、後で大変な目にあうケースもございます。

不動産を共有されるている方で悩まれている方は一度相談して下さい。

当社提携の税理士もおりますので、ご安心下さい。